昭和47年頃の
ひばり書房の折り込みチラシ。
(2種類は持っています) 

他にもあるんかなあ。

絵ハガキは、旧、HC時ともにあり


五島慎太郎
                                                       
人喰い沼
五島さんのひばりデビュー作

サンショウウオの化身が、当時の社会問題
公害に警鐘を鳴らす物語

旧ひばりはこんなテーマが多いですね。

ll                                                                   
少女がどろどろ流れる        
少し不思議な物語

当時の召使いは、大体こんな方が多いのですが、
一般的にこんなイメージだったの?

書き直しバージョンあり。これ高いんだよ。
                                                              
吸血ドラキュラ
五島流ドラキュラ



五島さんの師匠、浜慎二先生のカバー絵で
HC期に再販されています

                                                              
蛇女ゴーゴン
五島流ゴーゴン

こちらは黒枠と後期カバーのカラーロゴがあります
(カラーロゴと呼ぶのが正しいのかは?)
画像の本は後期カバーです


カバー背のゴーゴン手抜きじゃね?
                                                              
血を呼ぶ狼男
五島流狼男


                                                              
恐怖のミイラ男
子供の頃、買ってもらった一冊

この本は返本が少なかったのか、よく見かける
カバー袖が1975年発行や奥付け貼り変えになっている
再出荷分を見かけないです。

割と出にくい本 子供の頃、ミイラ好きだったんだよな〜
ミイラ原人・ミイラルゲ(特撮だよ)
l                                                                   
フランケンシュタイン       
哲学的要素を含んだ五島流
フランケンシュタインは結構佳作では?

ラストも良いです(^^)



                                                              
アマゾンの半魚人
私にとっての半魚人は、
往年のハマーフィルムに登場するそれでもなく、
少年が、だんだん魚になっていく
楳図さんの半魚人なんですが、
この半魚人、絵柄的には、一番怖い!
(絵が上手い!という意味では決してないです)
悪魔ばらい@                 

「少女が殺される」と題名変更され
カバー絵書き下ろしにて
HC期より再版が出ています。

「「少女が殺される」の方が、
断然出ないです。これ面白いかも。
                                                      
悪魔ばらいA                                                             

カバーのお月様マーク

旧ひばりの裏表紙の○は、お月様でしょうか?
私はこのマークを見るだけで、子供の頃を
思い出し、ホッといたします。
謎のゆうれい戦船                                                                      
五島流、船の墓場サルガッソ海
漫画では、海の墓場サーガッソになっています


                                                        
 バンパイア                                                               

五島流バンパイア



                    

恐怖の予言者
ノストラダムスの1999年
予言よりはかなり早い時期に地球が滅亡する
ショッキングなオカルト漫画

宇宙人物

隠れた佳作。

恐怖!死霊パーティー
五島さん最後のひばり書き下ろし怪奇漫画

旧ひばり末期の発売で、割と出ないです

この本は、ピンク枠があります。
ピンク枠良いです(焼けてなければ)
               


松下哲也
                                                                          怪獣少女
貸本期にご活躍された、松下哲也さんの新書版怪奇漫画。
怪獣に育てられた少女=怪獣少女
奥様は、「聖女モナリザ」など貸本期に名作を多数執筆された
三田京子さんです。

女怪談聖女もなりざもなりざ


                             
けもの娘   
古めかしい(古いだけかも)物悲しい物語です

個人的には、大好きな作品






あしべゆうほ
                             
魔獣の棲む森   
「悪魔の花嫁」「クリスタル☆ドラゴン」などメジャーな作家、あしべゆうほさん唯一のひばり怪奇漫画

カバー裏の「特選」表記は、数冊ありますが、
どのような基準で選ばれたのでしょうか?
この他に赤枠があります。
これ黒枠の方が、断然出ません。        


清水修
魔血子
内容は、当時の怪奇漫画レベルで、至って普通      
なれど、コレクター好きする絵柄で、大人気種!

もういいやと思っても、また欲しくなる不思議な本
(黒枠では、一番買ったり、売ったりした気がする)

これの美本は、手放した事をずっと後悔してるョ。
帰ってこい!!俺の美・魔血子                                                   


眉月はるな
                                                                          侵略ガニ
「アニマル球場」の眉月さんの怪奇漫画
この他に水色枠がありますが、
カバー掛け替え分のみ、黒枠になりますので
黒枠の方が希少です。
女怪談聖女もなりざもなりざ
さすがに、カニは怖くない。



夏木哲也
ふくしゅう
                             

怪奇漫画ではない。
緑もカラーロゴも良く出ます

なんかありげなカバー絵に
子供達
当時の子供達は、だまされたね・・・。
そこに価値があるんです。ひばりは!                    



大石まどか
                                                                         
お岩の怪談
貸本期よりご活躍の大石さんの四谷怪談

後発の立風版の方が、数段面白いかな。

 
                                 
白狐の子守唄  
ほのぼのとした童話風な物語



                                         

怪談 お糸地獄
「お岩の怪談」の続編



                                 
めくら蛭  

あんまり・・・。




                                         
                                 
地獄から来た女   

こっちの方が、怪奇漫画として成り立ってる。

                                         

妖怪の子守唄がきこえる
大石先生最後のひばり怪奇漫画



その後、立風書房より2作の怪奇漫画を執筆されています。




尾崎みつお
                                 
妖女マリーネ

見やすい絵柄と分かりやすい内容
これに尽きます。
すぐに読み終わるので、とても良!
影使い・・・。
HC期にカバー絵変更で再版されています
                                                                                       


なかのゆみ
                                 
呪われた人形
HC期の再版の方は、めちゃ出ますが
やはり、末期(HC移行期で)旧版は、割と出ません

この方の漫画は、どれを読んでも、陰惨な気配がいたします
結構面白い作品が多いんですけどね。
「恐怖の快楽」で漫画描かれてますが、今も書かれてるのかな?
                                         

トップページ